WEBデザイナー求人・転職

WEBデザイナーになりたい、WEBデザイナーとして働きたい方のための就職・転職に役立つ情報を配信しています。WEBデザイナーの需要は高まるばかりで数多くの就職・転職を促す求人がインターネット上でも閲覧できます。
その媒体ゆえに、人の目に触れることが多いWEBサイトのデザインは非常にやりがいのある仕事です。
就職・転職を成功させるために必要となる情報をまとめました。

WEBデザイナーとして就職・転職

WEBデザイナーとして就職・転職

WEBデザイナーとして就職・転職するためにはWEBデザイナーが何をする職種なのか、またどういった技術が必要なのかを知らなければなりません。 専門的な技術職であるため、まったくの無知では就職・転職は厳しいのが現実です。求人に応募したとしても、書類選考だけで「お祈り」されてしまうことも多いでしょう。
また、新卒向け求人もそこまで多くはありません。
WEBデザイナーとして就職・転職するためにはある程度の技術があることが前提と考えた方が良いでしょう。
大手求人検索サイトで見る求人情報にも「Photoshopでのデザイン経験がある方」「Illustratorの使用経験がある方」などの応募資格があり、最低限のソフトが使える人材の就職・転職を求めていることを求人で明記しています。

では、WEBデザイナーとしての職歴がある人しかWEBデザイナーに就職・転職出来ないのかと言われればそうではありません。現在WEBデザイナーとして活躍している方の中には、WEBデザイナーという職についたことはなかったけれどWEBデザインを学べる専門学校に通ったり、WEBデザイナーになりたいと思い独学で勉強し就職・転職された方も大勢いらっしゃいます。

弊社のWEBデザイナーも、元々WEBデザイナーとして仕事をしていたわけではない別業種からの転職、弊社が初めてのWEBデザイナー職、という方がいらっしゃいます。全員に共通しているのは転職するための「一定の技術」を持っていたことです。
ここでの「ある一定の技術」とはWEBデザイン制作を行う上で必要となるソフトを使いデザインができること、を指します。

WEBデザイナーの採用情報

WEBデザイナーの採用情報

WEBデザイナー求人に応募し、採用されるためには何が必要でしょうか?
大手求人検索サイトを見ると時折「未経験OK」といった条件を目にすることがあると思いますが、その表記に安心して「経験が無くてもWEBデザイナーになれるんだ」と思ってはいけません。求人情報の「未経験」という表記はただ単に求人応募者の窓口を広げる意味でつけられていることがあります。
就職・転職を急ぐ気持ちもわかりますが、きちんと情報を見極めることも重要です。

ひと口にWEBデザイナーといっても企業によって関わる仕事は様々です。自社サイトの運用を任されたり、クライアントから委託されたWEBサイトを制作・運用したり。中には自社で運用しているECサイトの情報更新業務や簡単な画像作成をしてもらうためにWEBデザイナー求人を出すこともあります。
WEBデザイナーになりたいのであれば、自分が本当にやりたいことが出来る企業なのかどうかを求人内容やその企業サイトから判断しましょう。
また、その企業サイト自体のデザインや実績内容から自分のスキルでもやっていけるのかどうか、という判断も時には必要です。

求人によってはポートフォリオの持参を求められることも多いでしょう。
弊社求人でも出来ればポートフォリオを持参して頂けるよう呼びかけております。制作された作品の見た目だけを評価するのではなく、どういった意図でそのデザインをしたのかを説明して頂くことで、多少スキルが足りなくとも採用に至るケースもありますので、是非ご応募ください。

WEBデザイナーの求人に応募する前に

WEBデザイナーの仕事内容

気になるWEBデザイナーの仕事内容と実際に行われる仕事の流れ

2016年4月3日
WEBデザイナーの仕事内容とは?

WEBデザイナーの仕事内容はクライアントから依頼されたイメージをデザインにすることです。 具体的にはクライアントが思い抱いているイメージをヒアリングし、アピールするもの(店舗・商品・会社等)に適切なデザインを考え、提案を行い、問題が無ければデザインとして作品を仕上げていくのが仕事内容となってます。 作成の過程でユーザー目線で受ける要素を考慮にいれながら修正を加えていきます。 クライアントの要求を飲み、技術的に可能かどうかの判断を行い、妥協点を見つけ、ユーザ受けのする要素も加えていく…。WEBデザイナーといいますと、仕事内容はバナーや写真を作成することと捉えられがちですが、実は…

WEBデザイナーの年収

WEBディレクターの年収は多い?少ない?少しでも年収をアップさせる方法とは

2016年4月1日
WEBデザイナーの年収はいくらぐらい?

WEBデザイナーの年収は、職種全体の平均で約350万円程度とされています。 年代別に見ていくと20代前半での年収は約250万、20代後半になると300万代を超え、30代前半で350万円程度の年収となっていきます。 30代後半になると400万円を超えていきますが、WEBデザイナーからディレクションを担当する管理職に就く人が多くなっていくからでしょう。 ただ40代でも平均年収が500万円を超えることはないようです。 こうしてWEBデザイナーの年収を見ると決して収入が多いとは言えない水準ですが、これはWEBデザイナーが勤務する会社に中小…

WEBデザイナーを目指すなら

WEBデザイナーの資格

現職の方も今からWEBデザイナーを目指す方も取得しておきたいデザイナー向けの資格

2016年4月1日
WEBデザイナーの資格って何があるの?

IT花盛りの現代、WEBデザイナーと言えば憧れの職業の最たるものと言えるかもしれません。 今や企業やお店でWEBサイトでもって広告や販売を行っていないところを探すのが難しいほど、多くサイトが立ち上がっています。 WEBデザイナーのニーズも高まっており、特に腕の立つデザイナーは引っ張りだこになっているのが現実です。そんなWEBデザイナーですが、仕事をするには資格が必要、ということはありません。何も資格を持たずに仕事をしているデザイナーもたくさんいます。 とはいえ、自分の力を証明するためには何らかの基準を示すことができれば、それに越したことはありません。WEB…

独学でWEBデザイナーになる

独学でもWEBデザイナーになれる?本を読む勉強方はNG!おすすめの学習法とは

2016年3月30日
独学でもWEBデザイナーになれる

WEBデザイナーは独学でもなれます。イラストレーターとフォトショップを用いて、レンタルサーバを借りて、自分で作品を作り公開していくようにすれば大丈夫です。 今は無料のサーバーも多くあります。 独学でイラストレーターやフォトショップの使い方を覚えても、それは使用方法を覚えるだけです。当然イラストレーターやフォトショップの使い方を覚えても、WEBデザイナーにはなれません。 では、独学でWEBデザイナーになるにはどうすれば良いのでしょうか? まずはユーザーに評価されているサイトを見る、もしくは素材を勉強用にダウンロードして自分が良…

未経験可のWEBデザイナーの求人

未経験からWEBデザイナーになるのいはどうしたらいいの?「未経験可」求人の実態

2016年3月29日
未経験でも応募可能なWEBデザイナー求人

WEBデザイナーになりたい方で、未経験だけれど雇用してくれる企業を探している方も多いでしょう。今では人気の職業の1つになり、WEBデザイナー職の希望者も多くなりました。 求人の中には未経験可という募集も多いですが、どのような意味合いで未経験可と書かれているのでしょうか。 まず一般的には「より多くの希望者を募りたい」という事が考えられます。 もちろん経験者を即戦力として雇用したいのが本音ですが、最初から出来る人だけを募集してしまうとあまりにも少ない人数しか集まらない事があるので、同じ料金で求人広告を出すならより多くの人に来てもらおう、という趣旨で未経験可と書く事が多く…

WEBデザイナーとして働くために

派遣WEBデザイナー

派遣は負け組?派遣WEBデザイナーとして働くメリットとデメリット

2016年4月7日
派遣WEBデザイナーのメリットデメリット

WEBデザイナーにはいくつかの仕事の形態があります。派遣もその一つで、派遣会社からWEBデザイナーを必要としているところに送られて、そこで働くことになります。 派遣のWEBデザイナーのメリットはいくつかあります。 一番の大きなメリットは、自由に働けることです。正社員ではないので、自分で働ける曜日や時間を選べるようになっています。 正社員だったら、会社の命じるままに働かなければなりませんが、派遣だったら会社の言いなりになる必要はありません。 給与は正社員とアルバイトの中間と考えればよいでしょう。とは言っても決して低…

フリーランスのWEBデザイナー

なるのは意外と大変?フリーランスのWEBデザイナーに必要な様々な能力

2016年4月5日
フリーランスのWEBデザイナーの苦労

WEBを利用して企業の商品やサービスの広告をしたり、さまざまな告知活動をしている団体は少なくありません。 非常に安い価格で社会へのアピールができるのですから、WEBは非常にコストパフォーマンスの良いツールであると言えましょう。 ただ、気をつけなければならないのはあまりに普及してきただけに、会社やショップの顔的な位置づけになってしまった、ということです。 センスのいいサイトを立ち上げれば、それだけでその企業やショップの好感度が高くなります。逆に形だけのサイトを作ったのであれば、大きなイメージダウンに繋がるのです。WEBは今や企業イメージを左右するだけのパワーを持ってきたのですから、決してないがしろにはできません。 …

WEBデザイナーのポートフォリオ

WEBデザイナーとして応募するなら必ずポートフォリオ(作品集)を準備しよう

2016年3月30日
WEBデザイナーのポートフォリオの作り方

WEBデザイナーは応募用のポートフォリオを用意した方が良いでしょう。 ポートフォリオはネット上にアップし、面接の場にパソコンがあればそれを操作しながら説明すれば良いですが、必ずしもパソコンがあるとは限りません。 なので、それとは別に紙のポートフォリオも用意した方が良いです。 「今の時代ならばタブレット端末を持って行く」という人もいるかもしれませんが、面接官と距離が離れている場合もあるので、それだと難しい可能性もあります。紙のポートフォリオを複数枚用意しておけば、自分と面接官が同時に確認しながら面接を進めていくことが出来ます。 また、デザイナーに特化した…