有名な女性WEBデザイナー

有名な女性WEBデザイナーの特徴と注目されるその理由

2016年4月26日
女性WEBデザイナーといえば?

WEBデザイナーとは、その名前の通りインターネット上に公開されているWEBサイトのデザインをする仕事を行っている人たちです。
その人たちのセンスによって伸びしろが異なっていて、転職が難航している傾向はあるが成功する人は本当に人気を集める、という当たり外れの大きい職業であるといわれています。

そんなWEBデザイナーの傾向として、意外と女性が多いということがあります。
IT業界は男性が働くイメージがありましたが、最近では女性のデザイナーやディレクターが増えてきています。女性には女性らしいデザインを演出することができるというメリットがあります。
そんな中でも人気が有る、有名な女性WEBデザイナーとして活躍している人たちがご紹介します。

有名かつ人気を集めているポイントとして、非常に美人であるというところで仕事もできる才色兼備として紹介されることが多いようです。
その代名詞として知られているのが海外の女性WEBデザイナーであるサラ・パーメンターです。デザインだけではなくインターフェースを作り上げたということでWEBデザイナーを目指す女性にとってはお手本にするべきだという評価まであります。
他にも、やはりデザイナーとしての立場なのだからデザインが独創的であるというところも有名になりやすいポイントであり、アントニア・ネイバースは凝りに凝ったタイポグラフィーが特徴的なデザインと、それだけではない機能性の高さなども魅力とされています。
また、デザインだけではなくプログラムもできるという多様性の高さから注目を集めているのがヒラリー・ホッパーであり、実力の高さと汎用性の高さなどから有名となっている女性WEBデザイナーです。

このように海外を中心に活躍している有名な女性デザイナーが多いですが、中には日本の女性デザイナーでも有名な人が数名存在しているとされています。

女性WEBデザイナーの転職の難しさ

WEBデザイナーは男性・女性を問わず人気の職種です。自分のデザインしたホームページが企業等に取り入られると実績にもなります。
しかし、前職がありWEBデザイナーに転職したいと考える方で、特に女性は難しいというのが現状です。

理由の一つとしては、まず年齢が挙げられます。
通常、WEBデザイナーに限らずWEB業界は20代前半が大いに活躍している業種です。
デザイナーとなるためには魅力的なデザインを構成できる能力のみならず、HTML等のプログラム言語の修得等、非常に多くの専門知識を身に付けなければなりません。
20代の人でも専門学校等に通いながら業務に従事している人も多いですし、また企業側も若い世代に積極的な教育を行う傾向にあることから、30代以降に転職を考えてデザイナーとなるためには、デザイン以外の能力を前職で身に付けておかなければ厳しいと言えるでしょう。

また、WEB業界の構造上、30代はWEBディレクターおよびその補佐などの管理職の能力が要求されます。通常の企業であれば40代の部長クラスの業務を30代で任されるわけですから、30代で新人では職場の雰囲気にも影響を与えかねません。
また、転職者はどの業界でも同じですが、即戦力として採用されるケースがほとんどです。そのため、本気でWEBデザイナーになりたいのであれば一時休職した後、離職者就職訓練校や専門学校で改めて学ぶ必要があると言えます。
ただし、学校で修得した技術と実務との間には大きな差があるケースがあります。そのため、自分が目指すWEB業界の特性をしっかりと把握し、どのような能力が求められるのかをしっかりと把握した上で、前述の学校で知識を吸収することが非常に重要です。

20代のWEBデザイナーの男女比は実際は半々

女性の場合、年齢によっては転職が難しいと説明しましたが、もちろん男性もある程度の年齢に達していると余程の技量がないと転職は難しいものです。
ただ、20代に焦点を当てるとWEBデザイナーの男女比はほぼ同じくらいであり、特別女性の方が転職が難しい、というわけではありません。
デザイナーの技量は性別では判断できません。女性でも男性でも、弊社ではWEBデザイナーを目指す方、転職する方を歓迎しています。他職種も含めると現在男性の割合の方が多いですが、女性だからという理由で応募をお断りすることはございませんのでご安心ください。

有名な女性WEBデザイナーの関連記事