WEBデザイナーの仕事内容

気になるWEBデザイナーの仕事内容と実際に行われる仕事の流れ

2016年4月3日
WEBデザイナーの仕事内容とは?

WEBデザイナーの仕事内容はクライアントから依頼されたイメージをデザインにすることです。
具体的にはクライアントが思い抱いているイメージをヒアリングし、アピールするもの(店舗・商品・会社等)に適切なデザインを考え、提案を行い、問題が無ければデザインとして作品を仕上げていくのが仕事内容となってます。
作成の過程でユーザー目線で受ける要素を考慮にいれながら修正を加えていきます。

クライアントの要求を飲み、技術的に可能かどうかの判断を行い、妥協点を見つけ、ユーザ受けのする要素も加えていく…。WEBデザイナーといいますと、仕事内容はバナーや写真を作成することと捉えられがちですが、実はクライアントとユーザーをつなぐ重要な役目を担っているのです。

技術的には、イラストレーターとフォトショップは必須になります。その他、CSS・HTML、必要でしたらJavascriptやFlashなどの動的サイトにするための要素とCMS(WordPreessやEC-Cube等)も学んでおく必要があります。

技術があれば良いデザインを生み出せるものでもありません。有名なサイトを参考にして、必要なら勉強用にダウンロードを行い、どういうレイヤー構造になっているかや、どんな技術を使っているかの解析を行い、真似してみるのも勉強です。

このように、WEBデザイナーの仕事内容は技術はもちろんですが、コンサル能力やプレゼン能力も必要とされる仕事です。その分、出来る人は需要もある世界です。
年齢や経験より実力が問われる世界ですので、若い人でも成功する可能性は十分にあります。独学で勉強するだけではなく、有名なWEBデザイナーの勉強会に参加すれば、人脈も広がり仕事も自然と増えていきます。

WEBデザイナーの仕事の流れ

WEBデザイナーはその名の通りWEBの全体をデザインするのが仕事内容です。
WEBデザイナーの仕事内容を細分化すると、デザインをする人がデザイナー、HTMLで組んでいく仕事(コーディング)を担当する人をコーダーといいます。
会社のシステムにもよりますが、デザインもコーディングも求められるため、どちらかができればもう片方はできなくてもWEBデザイナーになれるというものではありません。

クライアントからの要望を汲み取り、どのような目的とコンセプトで作っていくのかを決めるのはWEBディレクターと呼ばれる方が担当する事が多く、WEBデザイナーは技術的に可能な限り要望に応えていくのが仕事内容になります。

仕事の流れとしては、サイトの構造設計が決まったところでページの構造を設計し、機能的なデザインを考えます。
この時点でサイトのレイアウトやカラーイメージなどといった全体のページイメージを作り上げていきます。クライアントの要求したイメージに合っていて、機能的で美しいインターフェースをデザインする事が大事です。
ここで決定したデザインをベースにして、サイトを構成するHTML、CSSの書きおこしを行います。製作環境によってはデザイン制作ソフトからそのままCSSをコーディングするケースもあります。
サイト内で使われる関連画像、サイトのロゴ、企業名のバナー、サイト背景に至るまでのグラフィックも製作していきます。

ここまででWEBデザイナーとしての一連の流れを見ましたが、企業によってはWEBデザイナーというポジションが更に細分化されていて、マークアップデザインエンジニアやソフトウェアデザインエンジニアという担当の方が実装まで関わる事もあります。
デザイナーと名乗ってはいますが芸術家ではありませんので、前衛的なデザインに挑むよりもより使いやすく機能的で、何をどう伝えるかを大事にする仕事と言えるでしょう。

WEBデザイナーになって、仕事を体験し、全てはそこから

WEBデザイナーという仕事で勘違いされやすいのが、「デザインをすれば良い」と思われてしまう方がいることです。
絵が描ければいいわけではありません。綺麗で、カッコイイデザインをすればいいわけではありません。前述したようにWEBデザイナーは芸術家ではないのです。
クライアントの要望に応え、ユーザーの心理を読み解き、機能的で効果的なデザインを描き、それをWEB上で動くようにコーディング・プログラミングするのが仕事内容です。

こう言われるととても大変な仕事に感じられますが、実際大変ではない、とは言いません。
日進月歩を続けている業界だからこそ、WEBデザイナーになれたとしても新しい技術や流行についていくため、努力は必要です。
その大変さに躊躇するよりも、まずは一歩を踏み出してみることが先決です。
自分に出来るかどうか、なれるかどうか、悩むよりまずはWEBデザイナーになってみてください。全てはそこから始まります。

WEBデザイナーの仕事内容の関連記事

WEBデザイナーの仕事内容へのコメント

コメントを投稿する

投稿されたコメントは管理者が投稿内容を確認し承認されることで公開となります。投稿後すぐには反映されないことがありますのでご了承ください。