WEBデザイナーのポートフォリオ

WEBデザイナーとして応募するなら必ずポートフォリオ(作品集)を準備しよう

2016年3月30日
WEBデザイナーのポートフォリオの作り方

WEBデザイナーは応募用のポートフォリオを用意した方が良いでしょう。
ポートフォリオはネット上にアップし、面接の場にパソコンがあればそれを操作しながら説明すれば良いですが、必ずしもパソコンがあるとは限りません。
なので、それとは別に紙のポートフォリオも用意した方が良いです。
「今の時代ならばタブレット端末を持って行く」という人もいるかもしれませんが、面接官と距離が離れている場合もあるので、それだと難しい可能性もあります。紙のポートフォリオを複数枚用意しておけば、自分と面接官が同時に確認しながら面接を進めていくことが出来ます。
また、デザイナーに特化した就職サイトでは、応募用のポートフォリオを1冊用意すればデータで管理してくれて、複数社に応募できるようなサービスもあります。

ポートフォリオを用意するときには自分本位にならず、業界・企業・職種を研究しておくことが大切です。
企業のWEBサイトを見たり、業界向けニュース・SNS・雑誌・カンファレンスなど様々な媒体から情報を収集しておくと良いです。

WEBデザイナーと一口に言っても、企業や職種が違えば求められる能力も変わってきます。自分の今までの経験や学んできたこと、入社後にやりたい仕事などを紙に書き出してみて、それに合った企業を選ぶことが大切です。
自分と相性の良い企業を見つけることが出来れば、自信を持って今までの活動をアピールすることが出来ます。
WEBデザイナーとしてエントリーする時にはポートフォリオは必須アイテムとなります。用意しておかないと、自分がWEBデザイナーとして(またはなるために)何をしてきたのか、何をしたいのかが上手く伝わらない可能性が高いからです。
自分の強みを目に見える形で伝えるためにも、ポートフォリオは用意しておきましょう。

WEBデザイナー応募用ポートフォリオの作り方

WEBデザイナーの求人に応募するとき、必要になってくるのがポートフォリオです。
ポートフォリオとはその求職者が自分の今まで作ってきたものをWEB上や紙ベースなどで求人側に伝えるためのもので、それにより求職者の技術力などの能力が測られることがある重要な求職ツールとなりえるものです。
その作り方の概要を説明いたします。

まず、ある程度の実績がある方ですと、その中でもアピールポイントを押さえたものを厳選してWEB上に公開してアドレスを送ると共に、紙ベースでもポートフォリオを作成するとよいでしょう。
WEBデザイナーの求人ですから、それら自体のデザインにも気を配り手を抜かないようにします。紙ベースのものはA4程度の大きさがあれば良い場合が多いでしょう。

もともとがデザイナーの方は、ロゴなどのデザインの実績がある場合、自信があるものなら掲載したほうがよいかもしれません。それらの技術や知識はWEBデザイナーの仕事にも活かされる場合があるからです。
自分の持っているデザインの基本的な知識はそれらである程度示すことができる場合があります。

もし、全くWEBデザイナーに関係した仕事などをしたことがない方や実績が少ない方は、とりあえず実際に一からWEBサイトを作ってみると良いかもしれません。書店などにはそういった初心者向けのWEBデザイナー入門書が数多くありますので、それを購入して実際に自分のパソコンで作ってみるのが比較的やりやすい方法でしょう。
初心者にも門戸を開いている求人などの場合でも、実際にそのような経験をしている方はしていない方よりも就業に有利に働く場合があります。

上記に加え、使用したツールや技術、環境などアピールできる部分は記していくなどして、より良いポートフォリオの作り方を試行錯誤されると良いでしょう。

WEBデザイナーはポートフォリオでスキル・やる気アピールを

WEBデザイナーのポートフォリオは自分のデザイン力をアピールするためのツールでもありますが、同時に企業に対して自分の内面や仕事の仕方を伝えるためのツールでもあります。
しっかりとしたポートフォリオを作成すれば、きっちりと仕事をこなす人間である、というアピールにも繋がります。また、就職活動の際にそういったツールを用意することで真面目な印象、努力する人間であると印象付けることも可能です。

WEBデザイナーの仕事はWEBサイトをデザインすることですが、もちろん仕事に対する姿勢や勤務態度、コミュニケーション能力なども見られます。
口頭で仕事に対するやる気や熱意を伝えるのも良いですが、ポーオフォリオを持参することで実行力を示すことも出来ます。

弊社でも、求人応募者には出来ればポートフォリオを持参して欲しいと伝えています。
ポートフォリオは面接が決まってからではなく、就職活動をする前から準備しておくと良いでしょう。

WEBデザイナーのポートフォリオの関連記事

WEBデザイナーのポートフォリオへのコメント

コメントを投稿する

投稿されたコメントは管理者が投稿内容を確認し承認されることで公開となります。投稿後すぐには反映されないことがありますのでご了承ください。