WEBデザイナーの募集

近年増加の一途をたどるWEBデザイナーの募集。応募の際に注意すべき点は?

2016年4月11日
WEBデザイナーの募集に応募

WEBデザイナーの募集は近年増加しています。
WEBデザイナーの仕事は主にインターネットのWEBサイトのデザインを手掛けるものですが、最近はスマートフォン用のサイトのデザインをする仕事が増えています。

WEBデザイナーの募集はネット上の転職サイトで見ることができます。また、WEBデザイン会社が自社のサイトで募集していることもあります。
自分の気に入ったWEBデザイナー職の募集が見つかったら応募することになりますが、その際は募集要項をよく見ることが大切です。良心的な会社であれば、募集要項に必要な情報をきちんと記載しています。
例えば、年収や勤務時間、年間の休日の数といった働く人にとって関心のあることを数字を使って書いています。こういった勤務の条件がきちんと書いてない場合は注意した方が良いでしょう。
WEBデザイナーは多少の残業が発生する職種ですが、残業ありとしか募集要項に書いてない会社だったら、残業が月に何時間ぐらいあるのかはっきりしません。実際の残業時間を確かめてからその募集に応募した方が、採用が決まった後で後悔することがありません。
こういった募集要項に記載されるような勤務条件は個人では聞きにくいことがありますが、転職サイトを通しておけば、キャリアコンサルタントにたずねてもらえるので便利です。

報酬に歩合制を取り入れているWEBデザイナーの仕事もあります。このような仕事の場合も募集要項に注意した方が良いと言えます。
歩合制を取り入れるところだったら、仕事の量によって報酬が決まります。基本給がある程度高くないと、歩合制を取り入れているところだったら全体の給与が低くなる可能性があります。
歩合制は仕事を頑張れば頑張るだけ報酬が上がるのですが、人間なので何らかの理由で頑張れない時もあります。そんな時に備えるために、募集要項の給与の所をよく見てから応募しましょう。

WEBデザイナーの未経験募集についての注意

未経験の方がWEBデザイナーの募集に応募する時はいくつかは注意点があります。
WEBデザイナーは未経験の方でも出来る仕事です。実務経験がなくても、独学で勉強し、レンタルサーバを借りてイラストレーターやフォトショップで自分の作品を公開している人でしたらチャレンジすることは可能です。

ただ、趣味で自分の作品を作成しているのと、仕事で行うのは違う点を考慮していてください。
趣味でやるのでしたら納期もありませんし、自分の思うようなものを作れます。仕事でWEBデザイナーをする場合には、クライアントの要求するイメージに沿ったものを作らなければいけませんし、納期も決まっています。空いた時間に趣味で作品を作っているのとは違います。

WEBデザイナーとして勤める会社によっては素材を指定される可能性もあります。自分が好んで使っていた素材がアップされているサイトではなく、クライアントや会社の指定する素材を用いて、クライアントや会社がイメージしている作品を作らなければいけません。

また、WEBデザイナーとしてどこかの制作会社に勤めて仕事を行う場合にはチームプレイが要求されます。
一人でイラストレーターやフォトショップ、Flashなどを用いて作品を公開していても、会社の中ではフォトショップだけを担当し、他のフラッシャーやイラストレーターの作る素材と結合して作品を作り上げることになるのも珍しいことではありません。

自分とは思考の合わない人でも一緒に働いていくのはWEBデザイナーのようなクリエイターにはストレスになるものです。そのあたりは応募する前に気を付けておき、会社に勤めるのであればある程度覚悟はしておきましょう。
もし、趣味でWEBサイトを作っていて、本業にしようと考えているのでしたら、自分にチームプレイが向いているかを考慮してからの応募をおすすめします。

WEBデザイナー募集に応募する際の最低限の条件

未経験募集の場合でも、最低限ソフトを使いこなすスキルは求められてきます。
弊社の募集では、デザイン作業をPhotoshopで行うことが多いため、Photoshopを使用した経験のある人材を求めています。使い方がわかっていれば、ある程度の技術不足は入社してからでも補うことができます。
WEBデザイナーを目指しているのであれば、ある程度自分で何かしらの(出来ればWEBサイトに関する)デザインを勉強しておくのが良いでしょう。それらはポートフォリオの材料にもなり、採用の選考にプラスになるものです。

Illustratorに関してももちろん使用できる方が尚良いですが、「触ったことがある」程度でも弊社での業務は支障ありません。必要であれば実務の中で慣れて頂くことも出来ます。
ポートフォリオのようなちゃんとした形式ではないけれどPhotoshopで制作した見せられる作品がある、という方は迷うことなく弊社の募集にご応募ください。

WEBデザイナーの募集の関連記事

WEBデザイナーの募集へのコメント

コメントを投稿する

投稿されたコメントは管理者が投稿内容を確認し承認されることで公開となります。投稿後すぐには反映されないことがありますのでご了承ください。