WEBディレクターの求人・転職

WEBディレクターになりたい、WEBディレクターとして働きたい方のための求人、就職・転職に役立つ情報を配信しています。
WEBディレクターとして就職・転職するということはWEBサイト制作の指揮を取るべき立場になる、ということです。当然ディレクションスキルや経験、マーケティングに関するノウハウを求められるでしょう。就職・転職を有利に進めるために読んで頂きたいWEBディレクター求人に関するアレコレ、まとめました。

WEBディレクターとして就職・転職

WEBディレクターとして就職・転職

WEBディレクターとして就職・転職するためには当然WEBディレクターとは何なのかを知ることが大切です。
異業種から転職・就職する人は職種名は知っていても具体的には何をする人なのかはぼんやりとしかわからない、という方は多いでしょう。そのような状態で就職・転職するために求人を探しても上手くいくはずはありません。
実はWEBディレクターは、実際にWEBサイトを制作するデザイナーやプログラマーのようなエンジニアから見ると圧倒的に数が足りていないと言われています。それは求人が出ていないといったわけではなく、求人数に対して就職・転職活動者が多く競争率が高いというわけでもありません。

WEBディレクターとして就職・転職するにはWEBサイト制作の仕様策定だけではなく幅広い領域での活躍が求められます。求人の募集要項には書いておらずとも、業務を行うために必要な知識はデザインやコーディングの基礎知識からSEO対策・マーケティングなど多岐に渡ります。そのためWEBディレクターの就職・転職に関して求人応募者が「敷居が高い」と感じてしまったり、求人担当も「この知識の程度では…」と感じてしまうのです。また、求められる役割の幅の広さゆえに、WEBディレクターとして就職・転職しても長期間勤めることができず辞めていく方も多いです。

弊社のWEBディレクターに就職・転職する場合にも同じように幅広い分野においての知識が必要になります。しかしそれは最終的な目標であり、知識は業務を行う中で身に付けていってもらっています。スキルアップ支援制度などの特別な福利厚生で、成長するための援助は惜しみません。
現在働いている社員も半数以上が異業種からの就職・転職で入社した方々ですので、自分のスキルや経験が足りないと不安に思っている方もご安心ください。

WEBディレクター求人の採用情報

WEBディレクター求人の採用情報

WEBディレクター求人に応募し、採用されるためにはどのような点に気を付ければいいのでしょう?
未経験で求人に応募する場合はまず応募先の企業の情報を調べ、把握することが重要です。
求人において経験者の方が優遇される傾向にあるのは、即戦力を求めている企業にとっては仕方のないことです。しかし、その一方で弊社のように未経験でもWEBに興味があってやる気があれば求人応募OK、といった企業もあります。

しかし、未経験の方は経験者よりも求人において就職・転職に不利なのは残念ながら確かです。そういう方は、まず応募する企業の情報を集めるのが先決です。
求人用の履歴書の志望動機や自己PR文は、当然ですが応募する企業に合わせて書きましょう。企業は長く働いてくれそうな人材を採用したいと思ってますので、社風に合い、同じ理念に基づいて仕事が出来る、というアピールをすることも重要です。また、WEBディレクターとして就職・転職したい理由やWEBディレクターの魅力だと思っていることを詳細に伝えると良いでしょう。

では、経験者が求人に応募する場合は採用率を上げるために何が出来るでしょうか?
WEBディレクターの仕事は目で見てわかる実績を残せることは多くありません。そのため、WEBディレクターとしての自分の実績を数値化して見せることも重要です。解析データなどを纏め、数値化するのもWEBディレクターの仕事の一環ですので、その点でも自己PRに繋がるでしょう。
弊社では未経験も応募可能な求人情報を掲載しています。弊社の社風や事業内容に少しでも共感した、興味が沸いた方の応募を是非お待ちしております。

WEBディレクターの求人に応募する前に

WEBディレクターの仕事

WEBディレクターとは一体どのような仕事を行う人のことを言うのでしょうか?

2016年4月7日
WEBディレクターって何をする仕事?

WEBディレクターという職種自体は頻繁に目にしますが、実際にどのような仕事をしているのか分からないという方も多いのではないでしょうか。 WEBディレクターとは、すなわちWEBプロジェクトの監督・指揮者のような役割になります。 WEBサイト制作を行う上で、顧客の要望を聞いてプロジェクトに必要な人材の選定、スケジュールの組み立てと進行の管理、品質の管理を行う仕事になります。 顧客の希望を、実務作業を行うプログラマー、デザイナー、コーダー等に精確に伝達するのも仕事の一環です。 あらゆる行程を把握し、常に的確な指示を出す必要があるため、プロジェクト全体の責任を負う役割…

WEBディレクターの年収

WEBディレクターの年収は多い?少ない?少しでも年収をアップさせる方法とは

2016年4月1日
WEBディレクターの年収はいくらぐらい?

WEBディレクターの年収は、年々増加傾向になります。 2010年頃のWEBディレクターの平均年収は、およそ450万円前後とされていました。しかし2015年の統計では、470万円前後まで増加しています。 統計によって数値に若干の差が見受けられますが、それでも増加傾向であることは間違いないようです。 その要因として、SNSの発達により企業での導入が活発化しているため、WEBディレクター雇用の窓口自体が大幅に広がっているという社会的背景があります。 年代別の年収で考えると、20代のWEBディレクターの平均年収がおよそ390万円前後…

WEBディレクターを目指すなら

WEBディレクターの資格

WEBディレクターには資格が必要?資格の種類とその試験内容

2016年4月5日
WEBディレクターの資格ってどんな資格?

インターネットが社会の隅々にまで浸透して、ビジネスでも家庭生活でもネットを抜きにしては物事が前に進まない、というのが現状です。 大半の企業は販売促進や広報のために自社のサイトを立ち上げています。業態によってはWEBでの販売が売上の大半を占めている、という会社もあるほどです。 WEBの存在は、ここまで重要なものになってきています。 企業にとっては、他社とは違ったサイトを作って顧客にアピールすることが、生き残り戦略の上でも非常に大切になってきました。多くの企業では、より完成度の高いサイトを作るべく腐心しているところが多いです。 そんな中、WEBディレクターの存在が極めて重要なものとして脚光を浴びています。ディレ…

WEBディレクターのスキル

WEBディレクターを目指すなら身に付けておきたいスキルとスキルアップの方法

2016年4月3日
WEBディレクターに必要なスキル

WEBディレクターは、WEBサイトのデザインをする前のディレクション業務を行っています。企業によってWEBディレクターに任せている仕事は異なるので、必要とされるスキルも多いです。 特殊な例ではなりますが、プログラミングや音楽編集などの製作スキルが必要になる場合もあります。 クライアントから修正の依頼が来ればWEBディレクターはその修正に必要な最低限の人員に指示を出します。修正にかける人数を多くすれば、コストが増えて時間的なロスをかけることになります。 次に情報収集スキルです。WEBディレクターが仕事の依頼を受けて最初に確認…

未経験からWEBディレクターに

様々な知識やスキルが必要なWEBディレクター。未経験からでもなれるの?

2016年4月1日
未経験でもWEBディレクターになれる?

WEBディレクターという職業は業界未経験者にとっては具体的な仕事の内容が見え辛く、どんなスキルが必要でどんな人材がなれるものなのかも一般的にはあまり知られていません。 これからWEBディレクターを目指そうとしている方の中にも、興味はあるけれど未経験から入れるものだろうかと不安に感じる方も多いでしょう。 簡単に言うとWEBディレクターとは、サイトを作り、運営・管理していく上でのスタッフ達の総監督のような立ち位置です。 会社によってその役割は若干違うこともありますが、クライアントから受けた要望の真の要求を察してスタッフに伝え、技術的に可能なところまで良いものを…

WEBディレクターとして働くために

WEBディレクターのポートフォリオ

デザイナー面接の際はよく聞くポートフォリオ。WEBディレクターにも用意が必要?

2016年4月9日
WEBディレクターのポートフォリオってどんなもの?

WEBデザイナーのようなクリエイターの就職や転職では、よくポートフォリオの提示が求められます。 面接の際に持参して、それを見ながら面接官が質問をし、就活者が答えるという形です。ポートフォリオの説明をしてください、と面接官側から求められることもあります。 もし、とても実力のある人でも、それが採用側に伝わらなければ宝の持ち腐れになってしまいます。 これはWEBデザイナーだけではなく、WEBディレクターにも言えることです。 どんなに統率力があって素晴らしい作品を仕上げてきたとしても、それが就活の時に相手に伝わらなければ意味がありません。 ポートフォリオは第一印象を決める、自分…

派遣WEBディレクター

派遣のWEBディレクターとして働くメリットとは?積極的に利用したい紹介予定派遣

2016年4月5日
派遣のWEBディレクター

派遣のWEBディレクターとして働くメリットは、様々な仕事の経験を積めるという所です。 派遣社員は収入が不安定と思われがちですが、IT系の職業ではあえて派遣社員として働く人も少なくありません。 なぜなら、IT業界は個人の実力の世界だからです。WEBディレクターもその例に漏れません。 もちろんチームワークも必要とされますが、最終的にはWEBディレクターとして力のある臨機応変な人が上に上がれます。 WEBディレクターとしてひとつの職場に長くいると、同じ傾向のサイトしか扱えない可能性も出てきます。 似た傾向のサイトを極めるというのでも良いですが…

WEBディレクターの募集

WEBディレクターの求人を見る時は募集要項に書かれている裏側まで読み取りましょう

2016年3月30日
WEBディレクターの募集について

WEBディレクターの募集要項の共通点とは、つまりはWEBディレクターならば誰しも求められるスキルは何かということです。企業はある程度無駄な面接をしないため、最低限求めるものを募集要項に記載しています。 ほとんどの会社ではプロジェクトは複数同時に進行します。これは珍しくないことなので、ディレクター兼プランナーとしてスケジュールの設定と進行管理を行うことが必要です。 製作スタッフの進捗状況を常に把握して、工数を見定めて納期に間に合うようにプロジェクトを進行させていきます。 WEBディレクターはアプリの操作よりも、…