WEBディレクターの募集

WEBディレクターの求人を見る時は募集要項に書かれている裏側まで読み取りましょう

2016年3月30日
WEBディレクターの募集について

WEBディレクターの募集要項の共通点とは、つまりはWEBディレクターならば誰しも求められるスキルは何かということです。企業はある程度無駄な面接をしないため、最低限求めるものを募集要項に記載しています。

ほとんどの会社ではプロジェクトは複数同時に進行します。これは珍しくないことなので、ディレクター兼プランナーとしてスケジュールの設定と進行管理を行うことが必要です。
製作スタッフの進捗状況を常に把握して、工数を見定めて納期に間に合うようにプロジェクトを進行させていきます。

WEBディレクターはアプリの操作よりも、プランニングやコンテンツを制作する企画や提案が募集要項に書かれている業務内容の大半です。
また、制作スタッフの立場を理解するためにも、プログラミングやデザイン、コーディング、HTMLなどの知識があればスタッフを理解しやすくなります。募集要項にはここまで詳細に書かれていないものもありますが、WEBディレクターを目指すなら覚えておいた方が良いでしょう。
WEBディレクターとスタッフの間で齟齬が起きてしまったり、理解しあえない状態が続くと、プロジェクトの進行に大きな支障が出てきます。

WEBディレクターといっても、プランナーを兼任する場合とテクニカルディレクターを兼任する場合では求められる能力が変わってきます。
前者であれば、企画立案・企画書の作成、コンテンツ企画、コピーライティング、取材や撮影などまで行います。
後者では、ワイヤーフレームの設計、システム要件定義、開発管理、SEO対策、などの能力が必要になります。
どの募集にしても基本的には全体を見る力、スタッフをまとめるための理解力やコミュニケーション能力が求められます
また、ディレクター募集の採用面接の際には自分の過去の作品集であるポートフォリオを用意していった方が良いでしょう。このポートフォリオをもとにして自分のやりたいことを伝えるようにすると有利です。

WEBディレクターの募集と経験の有無による採用率

WEBディレクターは経験不問としている募集もありますが、自分のやりたい仕事をするには経験値が求められる可能性が高いです。
グローバル、大企業、ナショクラの経歴がある人ならば優良企業からハンティングされる可能性もあり、WEBディレクター募集に応募した際の採用率も高くなります。

WEBディレクターと一口に言っても、マーケティング、エンジニア、デザイナーなど様々な職種があります。また業種も様々あり、エンタメ、コスメ、情報サイト、EC(電子商取引)などがあります。
それまでの経験とマッチした募集内容を見つけることが出来れば、募集に応募した際の採用率は上がります。逆に、違う分野の仕事をしてきたという場合にはハンデになってしまう可能性があります。
臨機応変に対応できる人ならば、他の分野の働き方を新しい職場で役立てていくことも可能かもしれませんが、採用されるにはその点をアピールする必要があります。

もし前職がプログラマーやアプリ運用のような仕事だった場合には、その経験が生かせる可能性があります。
全体をまとめるWEBディレクターは製作職とは違いますが、サービスを作る仕事に携わっていたのであれば、経験が生かしやすいでしょう。
もし様々な仕事の経験を積むのが目的であれば、派遣社員の募集を探す方法もあります。
一般的には派遣は正社員に劣るようなイメージを持たれていますが、IT業界の場合には派遣の方が様々な経験を積みやすいという事情があります。
WEBディレクターでも、同じ職場に長く勤めていると同じような形式の仕事ばかりに関わる可能性があります。マンネリ化してしまうよりも、新しいことにチャレンジするつもりで派遣仕事をこなすのも良いでしょう。
たくさんの職場で経験を積めば、面接の時にもアピールポイントになります。

WEBディレクターの募集要項だけでは仕事内容を判断できない

WEBディレクターはその仕事の範囲が広いため、求人の募集要項からはなかなか仕事内容をきちんと読み取ることが難しいでしょう。未経験者ともなれば尚更です。
募集要項に企業のWEBサイトのURLを載せている場合も多くありますので、その場合はWEBサイトを見てその企業でWEBディレクターはどんな仕事をしているのか確認すると良いでしょう。
しかし、採用のための特設ページであれば良いですが、単に営業用のWEBサイトの場合、その企業が何を生業としているか、についてはわかっても各職種がどんなことをしているのか、まではわからない時があります。その時は自分の力で情報収集するしかありません。

弊社のWEBサイトでは求人応募者向けに募集要項以外にも様々な情報を発信しています。
採用特設ページとして各職種がどのような仕事をしているのかまで詳しく掲載していますので是非そちらのご覧になった上でご応募ください。

WEBディレクターの募集の関連記事

WEBディレクターの募集へのコメント

コメントを投稿する

投稿されたコメントは管理者が投稿内容を確認し承認されることで公開となります。投稿後すぐには反映されないことがありますのでご了承ください。