プログラマーの求人・転職

プログラマーになりたい、プログラマーとして働きたい求職者のための就職・転職に役立つ情報を配信しています。尚、ここで言うプログラマーとは、主にWEB系のプログラマー求人を指します。
プログラマーは企業によってその役割や呼び方が変わるため、就職・転職活動の際は募集職種だけでなく求人の仕事内容をよく理解することが大切です。

プログラマーとして就職・転職

プログラマーとして就職・転職

プログラマーとして就職・転職するためには何が必要でしょうか?
よく理系じゃないとなれない、という話がありますが別段そういうわけではありません。プログラマーとして就職・転職した方の中には文系の方も理系の方もいらっしゃいます。「コンピューターで何か難しいそうなことをやっている人」というところからそういうイメージがついてしまったんでしょう。

プログラマーとして就職・転職のための求人を探していると時々「未経験OK」という文字を見かけることがあるかと思います。これは「『業界』未経験でもOK」という意味で使われていることが殆どであり、何の知識も技術もなくても大丈夫な求人、という意味ではありませんので注意してください。
専門性の高い技術職への就職・転職を考えているのであれば、ある程度の基礎的な部分は学んでおく必要があります。勉強はスクールでもいいでしょうし、独学でもインターネットの情報を集めればある程度のことが出来ます。

また、プログラミングはある程度「慣れ」が必要です。
そのため最低限の知識と十分な興味を持ってそれらを上手く求人担当にアピールすることが出来れば就職・転職を有利に進められるでしょう。
弊社でも、プログラマーの仕事に興味はあるけれど実際にプログラミングをしたことがない、というデザイナーが開発室のプログラマーに転向した例があり、現在黙々とプログラミングを勉強中です。
弊社のプログラマーが担う仕事の一端をご紹介しておりますので、是非参考にしてください。

プログラマー求人の採用情報

プログラマー求人の採用情報

プログラマー求人に応募し、採用されるために出来ることはなんでしょうか。
同職種の転職の場合はほぼ心配ありませんが、まずまったくの未経験の場合、採用はかなり難しくなると思った方が良いでしょう。「プログラマーってなんかかっこいいな、なりたいな」程度の考えだけではまず求人に応募しても採用されません。
まったく未経験のプログラマーの場合、それでも就職したい、転職したいと言うのであれば新卒や既卒向けの求人を探すと良いでしょう。そのような求人で企業側が即戦力を求めていることはほとんどなく、そういった会社は殆どがプログラマーをイチから育成する余裕を持っていますので採用率は上がります。
年齢的な面でそういった条件の求人に応募出来ないのであればプログラマーのアルバイト求人やインターンを狙うことも出来ます。任される仕事は貴方が思い描いていたようなものではないかもしれませんが、そこでプログラマーとしての実務経験を積むことが出来、次の転職の際に有利になります。
プログラマーのような専門的な技術職の求人は、転職であれば尚更、基本的には実務経験者を求めている場合が多いです。実際に現場でプログラミングしていた人の方がしない人に比べれば圧倒的に採用には有利でしょう。
もちろん就職・転職活動をしている方の多くは正社員雇用を望んでいるでしょうが、未経験の場合は選り好みせず、自分のスキルにあった企業選びも長くその会社に長く勤めるためには大切です。

自分のスキルに自信がない、もしくは実務経験がない方はプログラミングの勉強をするか、やる気をアピールするために採用に有利な資格を取るのも良いでしょう。
弊社の求人に応募するために必要な資格はありませんが、もし自分で作ったプログラムなどがあれば見せて頂いた方が就職・転職のために勉強した、という努力がよりわかりやすく伝わります。

プログラマーの求人に応募する前に

プログラマーの仕事内容

プログラマーの仕事内容とは?同一視されるSEとの仕事の内容の違い

2016年4月5日
プログラマーの仕事内容について

プログラマーになりたい人にとって、その仕事内容はとても気になるものです。 しかし、プログラムの仕事内容は範囲が広く、なりたいとおもっている仕事の種類によって専門とするプログラム言語も違います。 まず、WEB系と呼ばれるプログラマーです。この仕事内容は、インターネット上で動くプログラムを製作したり、ブラウザ上でデータ送信された情報を使ったプログラムを組みます。こちらは最も数の多いプログラマーです。WEB上で働くプログラム言語は非常に数が多く、それらに対応することが必要となります。 次に、ゲームを作成するプログラマーです。プログラムといえばこの仕事が思い浮かぶ…

プログラマーの年収

プログラマーの年収はどのくらい?給料が安くてキツイ仕事と言われるその実態

2016年4月1日
プログラマーの年収はいくら?

正社員プログラマーの平均年収は、400万円前後(ボーナス込み)と言われています。月給が20~25万円くらいなので、ハードな仕事の割には年収が安いと感じるかもしれません。 一方、アルバイトや派遣社員は平均時給1500~2000円くらいなので、一般事務の仕事などと比べると高いです。ただ、他のIT関連の仕事と比較するとあまり高くありません。それでも専門職なので、安定した収入(年収)が得られると言えます。 経験を積んでスキルアップすれば、他のIT職にスキルアップすることも出来ます。プログラマーからのスキルアップで多いのがSE(システムエンジニア)です。プログラマーはSEの設計書にそってプログラムを書く仕事で、全体…

プログラマーを目指すなら

採用されるプログラマー

採用されるのはこんな人!プログラマー採用担当者が見ている採用基準

2016年4月7日
採用されるプログラマーに

プログラマーに採用される人というのは、つまりは適性のある人、ということになります。 プログラマーに向いている(採用されやすい)のは、黙々と作業するのが好き、新しいことが好き、コミュニケーション能力がある、という人です。 採用の基準として、下記の能力を満たしているかどうかを問われます。 まず、黙々と作業するというのは、プログラマーにとって必ず必要な能力です。プログラミングを始めたらパソコンに向かいきりでデス…

未経験可のプログラマーの求人

専門職なのに未経験可のプログラマー求人があるのはどうして?

2016年4月3日
未経験でもプログラマーの求人に応募したい

ソフトウェアのIT企業の求人情報を見れば、プログラマーの求人に未経験可と書かれていることは多いです。 プログラミングをしたことがない未経験者であっても、プログラマーとして採用されるということです。 なぜ採用してもらえるのかというと、理由は2つあります。 1つ目は、プログラミングは仕事をしながら覚えていくことが出来るからです。 1年くらい仕事をしていると、基本的なプログラムは書けるようになります。男性でも女性でも、新卒や未経験、中…

プログラマーの資格

プログラマーに資格は必要?就職活動を有利に進める、おすすめの資格

2016年4月3日
プログラマーの資格って何があるの?

プログラマーは毎日変化するWEBサービスに対応するので、専門用語や開発に関する知識は経験とともに培われていきます。よってプログラマーになるために不可欠な資格はなく、民間資格を保有しなくても活躍できる場所はあります。 ただしプログラマーに関わる資格はその人の知識の高さを物語るので、持っていて損はないです。 国家資格にはIPA基本情報処理技能者試験があります。これは「情報処理の促進に関する法律」に基づいてIPAが運営しています。情報処理の基礎を把握して…

プログラマーとして働くために

プログラマーのアルバイト

プログラマーとしての実務経験がないならアルバイトして必要な技術を身に付けよう!

2016年4月7日
プログラマーのアルバイトをする

プログラマーのアルバイトは、実務未経験でも採用してもらえます。 WordやExcelくらいしか使ったことがない一般人であっても、企業はアルバイトとして雇ってくれます。 プログラマーを雇用する会社の中には、社員のほとんどが未経験者という所も結構多いです。入社してから仕事をしながら覚えていくという感じで、1~2年くらいで基本的なプログラミングが出来るようになります。 アルバイトの場合は長期で働くよりも、次の仕…

プログラマーの募集

数多くあるプログラマー募集の求人。求められる能力は?在宅勤務の募集はあるの?

2016年4月5日
プログラマーの募集に応募しよう

プログラマーの募集は、未経験でも結構多いです。 アルバイトや派遣といった募集もあり、職場を選ばなければ仕事に困ることはないでしょう。 採用基準としては、緻密さと辛抱強さが要求されます。 特別な資格を持っていなくても受け入れてくれる企業はありますが、主なプログラミング言語を扱えるレベルには到達しておかないと、即戦力を求めるような募集には通用しないでしょう。 プログラミングは論理的な発想が求められます。少しのミスでバグが生じる可能性があるので、それに対応する能力が必…

派遣プログラマー

派遣プログラマーとして働くメリットとは?特定派遣という働き方

2016年4月5日
派遣プログラマーになる

プログラマーは、派遣会社の正社員として働くケースが多いです。 正社員なので、企業から声がかかるまでの待機中も賃金が支払われます。 IT企業でプログラマーが必要なプロジェクトが生じたら、派遣会社はタイミングに合わせてプログラマーを送り込みます。プロジェクトの進捗に支障を与えないように企業側では即戦力となってくれる人材を募集しているので、実務経験が浅い人でも採用されやすいです。 プロジェクトの規模が大きくなればなるほど…