プログラマーに将来性はある?

残業や薄給と不安な噂が飛び交うプログラマー。はたして将来性がある職業なの?

2016年7月4日
プログラマーの将来性への不安

プログラマーという仕事の将来性というのは気になるところですが、これはこの先どんどん伸びてくる分野ですから力のある人であれば非常に将来性がある職種となります。
しかし、その一方でプログラマーとして特別優れた能力がないというのであれば、いつまでたっても待遇は上がらず潰しもきかなくなってしまうだけに将来性が見えないものとなってしまいます。

プログラマーに関わらず現在のIT業界の職場環境というのは非常に劣悪なケースが多く、どれだけ努力をしてもそれが報われない(=将来性がないと思われる)ということが少なくありません。
実力が生きる世界だけに、自らその実力を発揮することが出来る場所を探し求めて、仕事を見つけることができる人にとっては稼げる職であり将来性のあるものとなりますが、逆に与えられた仕事をするのが得意という人にとっては、今は良くとも将来的にプログラマーとしてやっていくのは厳しい世界でもあります。

プログラマーの需要自体は間違いなくこれから先も増えてきますから、そのような面では確実に将来性があるといえる職業のひとつですが、それにともなって待遇が改善されていくのかということが鍵となります。
現状であっても実力がある人にとっては、問題のない職種ではありますが人並み程度の人がこの先どうなってくるのかというと、なんとも言えない状態となっています。
そのため、プログラマーになりたい、あるいはプログラマーとして働いていきたいと考えるのであればとにかくスキルを身に着けて、自ら仕事を選ぶことができるぐらいまでの実力を身に付けることが大切です。
逆にそこまでの実力を身につけることができるのか自信がないというのであれば、プログラマーという業種にだけ絞るのではなくもっと他の高待遇で迎え入れてくれる仕事を探してみるのも良いでしょう。

プログラマーに将来性なし?!35歳定年説

プログラマーなど、会社勤めのプログラマーに対して「35歳定年説」がささやかれ、将来性に疑問を持たれることがあります。これは、文字通り35歳でプログラマーという職を諦め退職することになるという説です。

この「35歳定年説」という将来性には二通りの意味があります。
ひとつは、会社でプログラミング業務に従事するプログラマーは非常に多忙で、35歳前後を境にして体力的に仕事をこなせなくなるという意味です。
会社勤めのプログラマーは、会社の営業が受注したシステムやプログラムを仕様書通りに製作することが主な役割です。そのため、製作するプログラムに関しては創造性を発揮する機会が無く淡々とパソコンのキーボードを叩き続けることになります。向いていない人にとっては単調な作業は長く続けられるものではないため、早期に辞めてしまうのです。

また、案件を受注する営業はプログラムの専門家ではないため、仕様や納期などを独断で決めてしまうことがあります。無理な仕様や納期に対するしわ寄せはプログラマーに来ることになり、残業や休日出勤で休む時間が取れずに体力的に続けられなくなってしまうことがあるのもこの「35歳定年説」という将来性への不安が囁かれる原因です。

もうひとつの意味は、日進月歩の勢いで進化を続けるプログラミング環境に適応できなくなるのが35歳ぐらいではないか、という意味です。
プログラミング言語は言語自体の仕様やプログラムを快適に動作させるための組み方などが変わることがあり、さらに、ブレイクスルーとなる新たなデバイスが登場すると主流の言語そのものが変わり、新たに勉強し直さなければならなくなります。
年を取って学習能力が衰えてくるとそういった変化に対応できなくなってしまうことがあるため「35歳定年説」がささやかれ、将来性が不安視されているのです。

将来性豊かなプログラマーを目指して

プログラマーに将来性がないと言われるのはデスクワークと言われている仕事なのに深夜残業が多かったり休日出勤が必要だったりと体に負担をかけることが多いから。
前項までの中で皆さんが一番心配になる点がここだと思います。
劣悪な環境で仕事をしていれば能率も落ちてきて、日々仕事に追われていれば何か新しいことを学習しよう、時代の流れについていこう、という前向きな気持ちにすらなれないかもしれません。
これらがプログラマーの将来性がないと言われる理由です。

一般的にIT業界では残業・休日出勤が当たり前と思われておりますが、弊社ではそのイメージをお忘れになって頂けるような職場環境を整えております。
残業がまったくないわけではありませんが、上司や先輩による残業の強要はありませんし、仮に残業した場合、残業手当もきちんとお出しします。
休日出勤はほとんどなく、サーバー関連作業の場合のみ、特例で深夜に作業をすることがございますが、ごく稀です。
将来性をもったプログラマーを目指す方は是非一度弊社にご応募ください。

プログラマーに将来性はある?の関連記事