独学でプログラマーになる

学校や訓練校に通わず独学だけでもプログラマーにはなれるの?

2016年6月16日
独学でプログラマーを目指す

独学だけプログラマーになれるかというと、これは決して不可能なことではありません。
しかし、現実的に一人独学でプログラミングを習得しようとするとかなり苦労することになりますから、やはり基本的な部分に関しては人から教えてもらうのが一番です。
プログラマーは自らの頭で考えてプログラムを作成しなければいけない仕事ですから、最終的には独学で学んでいくことになりますがその段階になるまでも自力で行うというのは非常に大変なものです。

何事も基礎が一番大切なわけですが、プログラマーの基礎的な部分を一から独学で覚えようとすると効率が悪く、また間違った覚え方をしてしまうことがあります。
スタートの部分が間違っていると、その後どんどん誤った方向に進んでしまうことがあり、後になってどうすることもできなくなってしまうケースも出てきてしまいます。
独学のメリットというのは自らの力で答えを手にするものであるため、そこにたどり着いた時には人から教えてもらうよりも身につきやすいという利点があるのですが、その答えにたどり着くことができないというケースも出てきます。

そのため、独学でプログラマーになることは決して不可能なことではありませんが、非常に難しいものであり効率も悪いので、とにかく基礎的な部分は独学ではなく人から指導をしてもらうのが一番です。
自力でプログラマーになれるような人であっても、最初はしっかりとした指導を受けたほうがスムーズに行きますし、逆に自力では難しいと感じる人は尚更であるため、独学は不可能ではないといってもプログラマーになるための指導を受けたほうが良いでしょう。
この方法が一番というものはありませんが、やはり基礎は誰かから教えて貰うのが効率的なのです。

プログラマーになるための独学勉強方法

プログラマーとして就職するためには、プログラミング経験があると大きく有利になります。
未経験でも募集していることはありますが、プログラマーとしてのスキル以外の分野で卓越した能力や経験が求められることがほとんどです。プログラミング経験が無ければ、事前に勉強しておくことが必要なのです。

基礎さえ整っていればプログラマーとして通用する程度の能力を身に付けるには、独学でも十分に可能です。書店にはプログラマー関係の書籍が多数並んでいて、インターネット上にも学べるWEBサイトがあります。

独学での勉強方法は、まず使用するプログラミング言語を決めることから始まります。
サーバー上で動作するプログラムを作成するプログラマーを目指すのであれば、PerlやPHP、Rubyといった言語の習得が必須です。しかし、これらの言語は難易度が低いとは言えず、全くの未経験者がこれらの言語に挑戦すると全く理解できないまま時間だけが過ぎていくということもあり得ます。
そのため、まずは基本的な言語でプログラミングの概要を学ぶべきです。

比較的初心者向けのプログラミング言語はJavaScriptやC、C#が挙げられますが、なかでもおすすめできるのがJavaScriptです。
この言語は文法が簡単なことに加えWEBサービスでよく使われている言語なのでプログラマーを目指す人がプログラミングを勉強する第一歩として非常に優れているのです。
具体的な勉強方法は、一冊の基本書を終えて実際にプログラムを作成してみるという流れになります。基本書で学んだ技術を使って自分が作りたい物を作り、分からないことがあればその都度調べるということの繰り返しによってプログラミング技術が向上するのです。

独学で学ぶプログラマーの向上心を評価

弊社では独学でプログラマーを目指している方を歓迎しております。最低限PHPとMySQLを理解できていれば、あとは弊社で様々な技術に着手する機会を得て、プログラマーとしてのスキルを上げていきましょう。
プログラマーは技術職ですが、ある程度の技術さえ独学で身に付けてしまえばあとは本人の向上心の問題だと考えています。
向上心と吸収力、それらが備わっていれば独学で身に付けた技術は自ずと現場で使える大切なスキルとなっていきます。

たとえ独学で身に付けた技術・知識だとしても弊社はそれを歓迎します。
是非ご自分で組んだプログラムを持参して面接にお越しください。

独学でプログラマーになるの関連記事