プログラマーになるには

プログラマーになるには考えるよりまずは行動してみましょう。
プログラマーとして何の言語を覚えればいいのか、どういった資格があれば有利なのか、というお話をよく見かけます。プログラマーになるにはどうしたらいいのか考えるより、まずは実際にプログラミングしてみた方がいいでしょう。
今やインターネット上にはプログラムを無料で学ぶ環境がたくさんあり、誰でもプログラマーになる勉強を始められる状況になっています。
プログラミングに必要な環境と言えばまずサーバですが、こちらに関しても有料サービスを利用したり、サーバ構築の勉強をしなくとも無料で提供してくれるサービスも多くあります。
未経験でなれるのか不安なら、経験を作ってしまえば良いのです。まずは自分で作りたいシステムを、独学でも良いので作ってみましょう。
まだスクールなどでの勉強が出来る年齢の方は開発言語の基礎知識を学べる情報処理系の専門学校や大学の理工系などに通っておくときちんと基礎が身につく上に就職にも有利になるでしょう。

プログラマーの資格

プログラマーに資格は必要?就職活動を有利に進める、おすすめの資格

2016年4月3日
プログラマーの資格って何があるの?

プログラマーは毎日変化するWEBサービスに対応するので、専門用語や開発に関する知識は経験とともに培われていきます。よってプログラマーになるために不可欠な資格はなく、民間資格を保有しなくても活躍できる場所はあります。 ただしプログラマーに関わる資格はその人の知識の高さを物語るので、持っていて損はないです。 国家資格にはIPA基本情報処理技能者試験があります。これは「情報処理の促進に関する法律」に基づいてIPAが運営しています。情報処理の基礎を把握しており、知識と技術が一定の能力以上であるか問われます。試験は1年に2回、春と秋に行われます。 この試験をさらに高めたものがIPA応用情報処理技術者試験 …

2 / 212