プログラマーの志望動機

プログラマーの志望動機にはどんなことを書けばいいの?未経験者は「脱・ありきたり」を目指そう

2016年7月12日
プログラマーの志望動機の書き方

プログラマーの志望動機で重要なのは、「やる気」や「熱意」が伝わるということです。また、IT業界に興味・関心があることも必要になるでしょう。
「やる気」、「熱意」、「興味・関心」といったポイントを志望動機の中に盛り込むようにしましょう。

プログラマーの志望動機でよくあるのは、「パソコンが好き」、「コツコツ作業するのが好き」、「ものづくりに興味がある」といったものですが、これだけではありきたりすぎます。まずは書類選考を通過しないと面接に進めないので、プログラマー採用担当者に興味を持ってもらえるような内容、魅力を感じられるような内容でなければなりません。
中には正直に、「人と接するのが苦手だから」と書く人がいますが、プログラマーになりたいのであればやめたほうがいいです。
開発の仕事は基本的にチームで行うので、コミュニケーション能力は必須となります。また、将来キャリアアップしていってリーダーになったり、上流工程をまかされたりする上でもコミュニケーション能力を磨いていく気持ちがないと話にならないでしょう。
現時点で人と接するのが苦手なことは面接になればバレてしまうことですが、これから自分を磨いていこうという熱意が志望動機から見えるのと見えないのとでは大きな差があります。前向きな志望動機にするようにしましょう。

大学やプログラマー関連の専門学校ですでにプログラミングなどを学んでいたという場合には大きなアピールポイントになりますので必ず志望動機内に盛り込むべきでしょう。
独学で学んで実際に開発をしてみたというように、気持ちを持っているというだけでなく実際に行動を起こしたということも重要です。
現在は書籍やインターネットなどで参考になる志望動機の例文がたくさん手に入ります。それらを参考にして、自分の言葉で志望動機を考えるようにしましょう。

未経験プログラマーが志望動機に書いた方が良いこと

プログラマーとは名前の通り、プログラムを作成する人のことであり、ソフトウェアの仕様書を基に、プログラミング言語でソースコードを作成することを業務とする職業となっています。
そのため幅広い知識や技術、能力を求められることがあり、就職する企業によって求められるレベルなども異なっているのでその点を確認しながら条件がマッチする企業を探すことが大切になります。

そんなプログラマーは転職することが多い職業のひとつとして知られているのですが、初めてプログラマーとして活躍するという未経験の人の場合、どのような志望動機を書いたらいいのかというところは就職活動の中でも一番の難関となっています。
まず前提として確認しておくべきポイントは、プログラマーとして自分が就職したいと考えているその企業がどのような業種であるのかというところです。
プログラマーは幅広い分野で活躍することができるようになっていることから募集している業種も多種多様となっており、その業種によって取り扱うプログラムなども大きく異なってきます。
そのため、志望動機には単純にプログラムに関することだけではなく、その業種に関連した内容を盛り込んでおくことがお勧めされています。
特にその業界に関連するバックグラウンドも合わせて盛り込んでおくと有利に働きやすいですし、専攻している業種のものであればそれだけ知識や技術もほかの人より多く持っているということで有利になります。

ただ、企業によっては専門性が求められていない場合もあります。
このような場合、未経験であってもそうでなくても有利不利がないことが多いので、過去に自分がどのようなプログラムに関わっていたのかというところを盛り込むことがお勧めされています。

プログラマーとして明確な志望動機を持とう

プログラマーの志望動機を書く際に参考にすると良いのでは?という点を纏めてきました。
弊社でよく見られる志望動機の中のNGな点は「プログラミングに興味があって、やってみたい」というものです。
弊社では実務経験がなくとも採用に至るケースも度々ありますが、それはプログラマーとして必要な基礎が揃っている方に限定されます。プログラミングに興味があるだけで、自分で勉強しようとするわけでもなく、勤めてから何とかなるだろう、という楽観的な方が多く面接にいらっしゃることが多いです。
弊社でプログラマー実務未経験としているのは、例え実際に仕事をしたことがなくても本人のやる気と向上心があれば、そういう人材はメキメキと上達することを知っているからです。
ですので、プログラミングに興味があってこの業界に入りたいのであれば、せめてそのために自分でプログラミングの勉強をする、などの努力が必要になります。
また、志望動機では是非自分の事だけでなく、応募先の会社に興味を持つようにしましょう。

プログラマーの志望動機の関連記事