正社員プログラマー

プログラマーとして就職・転職するなら正社員として働きたい!必要な能力や経歴とは

2016年4月9日
正社員のプログラマーになる

プログラマーとして働くにあたり多くの人は職場やプロジェクトでプログラミングの作業だけをしていれば良いと思っているエンジニアの方も多いと思います。
プログラミングの実力は確かにダイレクトにプログラマへの評価に結び付きますし、多くの経験を積んでいればそれぞれの局面で判断したノウハウを活かして効率的にプログラムを作っていけるでしょう。

しかしながら、正社員で働くという事は、単なるプログラミングが出来る社員を経営者や上司の方々が期待している訳ではなく自ら問題を発見し、それを提案、改善できる能力を持ち合わせた人材を求めています。

一昔前までなら、プログラマーは若手の20代から30代までと考えられていましたが、それはシステムが単純だったためSEはプログラム知識よりも業務の知識や経験が突出していれば仕事になっていただけです。
昨今のシステムは非常に複雑化し、かつ技術の進歩も早いので過去の経験だけでは仕事は回らなくなってきています。
ですので中堅を超えた正社員の皆さんは自らを「設計も出来るプログラマー」であると意識し、常にエンジニアとしての能力を高めていく努力が必要です。

となると、経験か実力かと言う質問の回答を考えるならば「どちらも正社員としては必須である」と考えられます。
多くのプロジェクトではパートナーを雇ってプログラミングを担当して貰いますが、彼らの成果物のレビューをするのは正社員の皆さんです。
レビューする本人も、経験や実力が伴っていないと適切な指摘や修正依頼をアウトプットすることが出来ないので人任せにはせずに、正社員プログラマー本人も常に最新の情報や担当する業務の特徴をつかんでプロジェクトに参加する意識が重要です。

未経験プログラマーが正社員になるには?

未経験の人がプログラマーで正社員を目指す時、本当に正社員になれるか不安になる人は多いものです。
プログラムは技術が必要な物ですから、特にそう思ってしまうのではないでしょうか。
しかし、未経験のプログラマーが正社員になる方法は、それほど難しい物ではないのです。

まず、あなたがまだ若いならば、出来るだけ数多くの会社に応募してみましょう。
若い人材はプログラマーならば特に求められているものです。人材育成をする余裕のある会社ならば、正社員雇用後に研修などで必要な技術を覚える事が出来るでしょう。それは、独学で覚えるよりも効率的な物です。
なにより、プログラムには数多くの種類があるため、会社によって得意としている言語は違います。独学で覚えても、それを使わない場合すらあるのです。

また、資格を取得することも重要になります。
基本情報技術者などを取得しておけば、プログラマーの正社員採用の際、評価されることでしょう。また、給与アップにもつながる資格の一つでもあるので、取っておいて損はありません。
さらに、プログラム技術をアピールできる物を用意しておくことも大事です。
この時に見せるプログラムには、いくつかのポイントと注意点があります。まず、そのプログラムが一体何をする物であるかといったことや、その処理の意味などをコメントを入れて解説することが重要になるのです。
これは、プログラマーとしては必須の技術の一つです。
そして、アピールするためのプログラムは、しっかりと動かせる状態にして見せるようにしましょう。プログラムは、作成者以外の人が読み取ろうとすると時間がかかるものです。就職活動で多数の応募者がある場合、それを一つ一つ見ている余裕はないのです。

正社員プログラマーに応募する前に

未経験のプログラマーが正社員になるのは難しくない、と前述しましたが、それには「人材育成をする余裕のある会社」という条件が付きます。
北海道・東北エリアですとそこまで余裕のある大企業はそこまで多くないと思った方が良いでしょう。正社員募集で実務経験のあるプログラマーを雇えれば、その方が結果的に会社としてはコストを削減することが出来ます。

プログラマーに限らず、基本的には何も知らない真っ白な状態で「教えてもらおう」という姿勢で正社員募集に応募するのは良くありません。
アルバイトやパートであれば多少スキルが足りない、知識が足りなくても仕方がないと判断される場合もありますが、正社員にはそれ相応の責任と能力が求められます。
自分が本当に「正社員募集」でいいのかどうか、しっかりと考えてみましょう。

正社員プログラマーの関連記事

正社員プログラマーへのコメント

コメントを投稿する

投稿されたコメントは管理者が投稿内容を確認し承認されることで公開となります。投稿後すぐには反映されないことがありますのでご了承ください。